RPFは何よりも企業にとって、心強いのは、現在使用している石炭やコークスのような燃料を使用する機器を変更することなく、そのまま利用できるのも大きな導入のメリットとなるのではないでしょうか。

地球環境への取り組み

RPF燃料は地球環境を保全するためにも必要な新しいエネルギーと言えます。
それは、CO2排出の低減と枯渇性資源の節減が各国でも話題になっています。

この日本でも問題とされており、家庭からでるCO2の削減だけでは、目標をクリアすることは不可能といえます。

また、埋立て処分場の延命なども大きな問題で、分別ゴミなどをおこなってもこのままでは、埋め立て地さえも作れない状況となることは目に見えて明らかです。

RPFはマテリアルリサイクルが不可能な産業廃棄物を破砕機刃物と減容機を使用して製造できる、高品位の固形燃料です。

発熱量も高く、石炭並みで貯蔵性にも優れているのです。
廃プラスチックや紙類などの一般廃棄物を原料としているため品質が安定しているだけではなく、燃焼してもダイオキシンの発生がほとんどありません。

レーザー溶接について

日常的に利用する物の一つに自動車がありますが、この自動車を製造する際には、レーザー溶接が使用されています。自動車は人間の命に関わる事もあります。

また、あれだけのスピードで走る事ができますので、非常に精密な構造になっています。レーザー溶接は自動車の製造において欠かす事ができない技術の一つとなっている様ですね。

レーザー溶接は自動車のボディ部分を接合するなど、非常に重要な箇所に使われています。

自動車には、この技術の他にもいろんな溶接が使用されており、部分によって異なる技術を用いて溶接が行われている事もある様です。

昔から使われている技術ですが、奥が深いですね。

おすすめ

耐摩耗・RPF・破砕機刃物・減容機などの専門用語を解説!~製造業の専門用語~

意外に知らないRPF!注目を集めている新しい固形燃料です。破砕機刃物と減容機!

ページトップへ戻る